So-net無料ブログ作成

三日月氏、今年1月にも献金受領 JR西労組側から850万円、返金の方針(産経新聞)

 西日本旅客鉄道労働組合(JR西労組)OBの民主党衆院議員、三日月大造・国土交通政務官がJR西労組側から6年間で1億円を超える献金を受けていた問題で、三日月氏が政務官就任後の今年1月にもJR西労組側から850万円の献金を受け取っていたことが27日、分かった。三日月氏本人が産経新聞の取材に明らかにした。

 献金をしていたのは、JR西労組の組合員やOBでつくる政治団体「JRみかづき会」。三日月氏の資金管理団体「キラリ会」に今年1月、850万円を献金していた。

 三日月氏は献金について「適法に処理をしているが、疑念を抱かれるのは本意でない」と述べ、850万円を返金する方針を表明。また、政務官在任中は今後もJR西労組側からの献金は受け取らない意向を明らかにした。

 政治資金収支報告書や滋賀県の公報によると、「JRみかづき会」は平成15〜20年にかけて、「キラリ会」や三日月氏の関連政治団体「総合交通政策研究会」に、総額1億550万円を寄付していた。

 民主党は企業・団体献金の禁止に向け、政治資金規正法の改正を模索しているが、労組側からの多額献金との整合性について、三日月氏は「(対応については)決まってから検討する」と述べた。

【関連記事】
癒着疑われぬ努力必要 国道交通政務官側への献金
三日月氏関連団体、脱税企業から事務所賃借
国交政務官に6年間で献金1億 出身のJR西労組側から
企業・団体献金「禁止」今国会断念 政府・民主、調整困難と判断
検察審査会 納得できぬ首相「不起訴」
「裸の王様」次に座るのは…

宮崎の和牛3頭、口蹄疫感染の疑い(読売新聞)
<名古屋市議会>民主党市議団 報酬削減の検討会設置へ(毎日新聞)
国家公務員の新規採用半減へ、退職者見込めず(読売新聞)
住宅エコポイントはCO2削減に見合う? 恩恵予想以上に大きく、継続的取り組み必要(産経新聞)
舛添氏「新党改革」の結党を正式発表(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。